2014年10月8日水曜日

胃下垂の治療-漢方

胃下垂の治療法の一つとして漢方療法があります。
胃下垂になる体質から改善して胃下垂を治そうというものです。
「補中益気湯」は虚弱体質であったり、胃腸が弱い人の代表的な処方になっています。
ツムラからも販売されているようなので比較的入手しやすい漢方です。
若しくは、個人個人の体質に合わせて調薬してくれる漢方薬局に出向くか漢方医を受診してもいいでしょう。
漢方は体質から根こそぎ改善していくものなので、少し時間がかかります。
尚一層、自分の体質に合ったものを選びたいですよね。

2014年10月3日金曜日

胃下垂の治療-お薬

胃下垂の治療法の一つとして薬物療法があります。
薬物と言っても漢方ではなく、西洋薬。主に病院でもらえる薬ですね。
胃薬にも色いろあるのですがその中でも、胃腸機能調整薬や消化酵素剤が処方されるようです。
胃腸機能調整薬はガスモチンなどが有名でしょうか。胃腸の働きを活発にしたり、改善させたりして消化を助けます。
消化酵素剤は食べ物の分解に必要な消化酵素を補い消化を助けます。
それらを服用し、しっかり栄養を吸収することで元の健康な胃を取り戻したいですよね。

2014年9月30日火曜日

胃下垂とツボについて

ツボを刺激することで胃下垂を改善できる可能性があります。
私は専門家でないのでツボの部位についての説明は省きますが、「胃下垂  ツボ」で検索すれば有用な情報を手に入れられるかもしれません。
場合によれば、按摩でのツボの刺激でなく、せんねん灸などのお灸を使った方法も効果的かもしれません。
ただ、ツボでの刺激のみで完治すればいいのですが、多くの場合はこれらのツボ療法は補助的なものになってしまいます。
食事療法や運動などと並行して進めていけたらいいですね。

2014年9月25日木曜日

胃下垂の治療-手術

胃下垂の治療法の一つとして手術があります。
その一つとして「胃吊上げ固定術」というものがあります。
手術のメリットとしては多くの場合一回で完治する点ですが、現在はあまり行われていないようです。そのため、施術をしてくれる病院を見つけるのが難しい可能性があります。
手術は心身ともにエネルギーが必要ですが、その施術施設の少なさの点からも手術は最後の選択肢と成り得るかもしれません。

2014年9月22日月曜日

胃下垂は治さないとダメ?

胃下垂は必ずしも治さなければダメなのでしょうか?
「胃下垂」自体は状態や体質のことで、病名ではありません。
人間にはまったく同じ容姿の人がいないように、胃の「平均の位置」という基準を作ってしまうと、どうしてもそれより下の位置にある胃下垂気味の人は出て来てしまうのです。
問題は、胃下垂が不快な症状をもたらすかどうかです。
「胃アトニー」になってしまうと、強いお腹の張りや栄養吸収力の低下が見られてしまいます。
そうなってしまうと日常生活に支障をきたすので改善の必要があります。

2013年11月21日木曜日

胃下垂の治療-腹横筋を鍛える

信ぴょう性はともかく、胃下垂を改善する運動として逆立ち腹筋が有名ですが、他には腹横筋を鍛えるというものがあります。
腹横筋?聴き馴染みのない筋肉だと思います。
腹横筋とはお腹をへこましたりするときに使われるインナーマッスルで、この筋肉が衰えると腹圧も衰え内臓下垂を引き起こしやすくなってしまいます。
この機会にぜひ腹横筋を鍛え直してみませんか?

腹横筋の鍛え方としてポピュラーなものとして「プローン・ブリッジ」というものがあります。
やり方は以下の手順通りです。

1.腕立て伏せの状況を作る
2.その状態で手のひらでなく前腕を体と平行に地面に付け、肘は90度に曲げる
3.頭からかかと、一直線になるようにイメージで
4.お腹に効いていることをしっかり意識しながらこの体制を維持する

2013年10月16日水曜日

胃下垂の治療-断食

胃下垂の治療法の1つとして断食があります。
現代の日本人の食生活により、胃下垂にかかわらず多くの人は胃拡張であるようです。
断食によりしっかり胃を休む期間を作り、胃の働きを改善させるのが目的です。
2週間などの長い間食べないものや、数日限定のプチ断食などがありますが、どちらにせよ回復食(断食明けに食べる食事)が非常に重要です。
自己判断での断食はどうしても危険が伴うので、専門家の元でするのが望ましいです。